×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

英語耳を作る前に考えること

英語耳を作ると言うのはどのような意味かと言いますと、たとえば、日本語は必ず子音と母音が対になっているか、母音だけですから日本人は母音(低周波)を聞き取ることには慣れています。しかし、英語には子音(高周波)が多く含まれているので、日本人は母音ばかりを聞き取ろうとしてしまって、子音が聞きとりづらいという傾向があります。そこで、聴覚を訓練して英語の発音を聞き取れるようにすることを「英語耳」を作るといいます。
英語にも聞き取りやすい単語と聴きづらいものがあります。耳を訓練する前にお聞きしますが、どんな英単語が聴きづらいかわかりますか?音節の数が多くて難しい英単語が聞き取りづらいと思いますか?実は、簡単な英単語のほうが聞き取れないことが多いのです。信じられないかもしれませんが、難しい英単語のほうが母音が多いのでかえって聞き取りやすいのです。

チョット遠回りだけど確実な英語耳の作り方

英語耳を手に入れるには、まず目標を持つことです。「英語を100%聞き取れるようになる」とか、「評判になっている洋画を字幕無しで見たい」などですね。
それでは、具体的に英語耳を作る方法を考えてみましょう。まず、一般的なのがとにかく英語を聞くといった方法ですね。英語耳を作るには英語圏に住んでいる方のきれいな英語を聞くことです。インターネットラジオで英語の番組を聴くことが出来るし、好きな映画を見るのも良いです。漠然と映画を見るのではなくてリスニングに集中して洋画を見ることが大切です。また、身近にきれいな英語を話す外国の方がいらっしゃれば、とにかく積極的に話を聴いてください。可能な限り英語付けの生活をおくることです。これらが確実な方法ですが、これら方法は根気と時間が必要です。
最近はもっと簡単に英語耳を作る方法もあるようです。英語耳を作るには子音を聞き取りやすくなればいいのですから、英語に限らずとにかく子音に注意して生活するだけでも効果がありそうです。

英語耳を短期間で手に入れる方法

英語耳を作ることを目的とした教材や教室(トマティスなど)もあります。短期間で英語耳を作れる教材に共通しているのは、子音(高周波)を聞き取れるようになることを目的としていることです。そのひとつの「マジックリスニング」は専用のCDとヘッドフォンを使って、高周波の音に耳を慣らすものです。このCDは低周波の音をカットしてあります。マジックリスニングは英語耳と作るために開発されてのではなくて、音楽を専攻している学生の聴覚を鍛えるために作られました。そのために、英語耳が作れるだけではなくて、音感も良くなる可能性があります。
「バイオリスニング」も英語の子音を聞き取りやすくする教材ですが、バイオリスニングは特定のCDを聞くわけではなくて、自分の好きな映画や音楽でもかまいません。しかも、英語だけでなくて日本語を聞いても効果があるようです。さらに英語耳が作られるだけではなくて、右脳の強化や、ある程度の速読が出来るようになることも期待できる教材です。

Copyright © 2007 英語耳を作るのが英会話上達の早道です